toggle
大阪の注文住宅・土地探し・住宅ローン・資金計画など建築家との家づくりをサポート

家づくりヒストリー

406 ランドスケープの家(西宮市の家Ⅲ)

【新しいお客様の出会いました。(^ー^* )】 2013年9月7日

まだまだ暑い夏日が続いていうます。

HPからお問い合わせ頂いたお客様に出会い

今日は、「家計ドック」です。

家づくりには、家全体のお金の確認から・・・

予算はあくまでお客様の漠然としたもの。

それを整理してご自身で確認頂くための第一歩です。

・生活に使っているお金

・お子様に必要なお金

・ご家族の趣味、レジャー(ご実家に帰る費用)

・預貯金で必要な金額

・税金

・収入

・老後に必要なお金

IMG_7650

そうです。

今はこの収支をキチンとして

老後も安心して暮らせるお金もを含めた

家づくりの計画が必要です。

リアルな結果が出るのでちょっと怖いですね。

(;^_^A by tani

 

【ご契約頂き、土地を見に行きました。ヽ( ・0・)ノ】 2013年9月27日

本日、ご契約を頂きました。

家計ドックを平行して

土地探しもスタート!ヽ(*^ ^*)ノ

最初は、要望を伺って広範囲で見ていきます。

今日来たのは、西宮市内。

IMG_7887

場所は現ご自宅からも近く

西宮の中でも平坦な土地で広さもOK

ただ、環境が気になります。

分譲された土地で、駐車場もついています。

IMG_7886

すべての条件を満たす土地を買う事はまず無理です。(Θ_Θ;)

それに、土地探しに何年もかけることは

時間や費用の無駄になります。

なかなか難しい事ですが、ご自身の要望のいくつかが満たしていれば

決めた期間の中から土地探しをすることが

家づくりの秘訣です。

でも、もう少し見ましょうね。 (≧∇≦)b

よろしくお願い致します。

ハウス・ブリッジ tani

 

【オーガナイズで頭の整理。】 2013年10月19日

今日はオーガナイザーさんにおいで頂きました。

この診断の前に、お客様には結構な量のアンケートに

答えて頂いています。

その内容の聞き取りを含め、オーガナイズの説明。

IMG_8285

理想のお家のイメージは?と言っても

なかなか適格に言葉にできる方はおられません

ご夫婦で細かな話もしていない方がほとんどです。

そこで、家づくりの前にそうした要望や内容を

聞き取りしてまとめていくのです。

IMG_8288

性格や日々の使い勝手もそれぞれ違います。

それによってプランニングも変わっていきますので

オーガナイズで頭の整理をすることは

とても大切です。

一歩、家づくりに近づきましたね。

(^^) by tani

 

【無理のない家づくりの資金計画を立てていく事】 2013年11月9日

先日の「家計ドック」から、

実際のライフプランニングの入っていきます。

家づくりをキッカケに

そうしたお金の知識も持って頂き、

無理のない家づくりの資金計画を立てていく事が

何より大切です。

IMG_8449

マネーバランス協会の団野さんはお金のプロです。

わかりやすく、家庭の中のお金の説明をしてくれています。

IMG_8447

家庭の中のお金は様々な方向から見ないと

無駄やムラがあることに気が付きません。

知らないと損することもたくさんあります。

家づくりスタートと一緒にお金のサポートもスタートです。

(*v_v)” by tani

 

【かけた手間と時間ぶんだけ素敵な家に!】 2013年12月14日

お金の相談も3回目。

先日の内容ふくめ、家庭でかかるお金の確認です。

今回の聞き取りを整理して

次回、結果がでます。(;^_^A」

IMG_8881

預金口座の使い方の確認。

どの預金口座からどう使っているか?

どの口座を利用しているか?

ポケットにみたてて図にしてくれています。(^^)

IMG_8885

お金の事って生活に直結しているのに

知らない事だらけです。

わかればわかるほど、意外な驚き!(◎_◎)

IMG_8883

建築家さんとの家づくりは

土地が見つかってからほぼ1年くらいかかります。

手間と時間はかかりますが、

かけた手間と時間分、そのご家族の満足できる家になります。

一生に一度の家づくり。それくらい時間をかけて欲しいと思います。

その時間を利用して、家のお金のことも勉強して行きましょう。

・:★;*:(o^▽^)o by tani

 

【「縁」のある土地】 2014年3月9日

土地を選ぶことは

とても迷いますよね。

家を買うという事は、そこで一生住むと考えるからでしょう。

町並み、校区、金額、土地の状態、地域。

住まいの条件は色々あります。

IMG_9447

施主様も色々な土地を

積極的に見て回っていました。

最初は今のご自宅がとても住みやすく

近くで・・・と考えていましたが、

ある程度の広さや環境などを考えて

エリアを広げて探した結果

この土地に決めたのです。

きれいな住宅地で静かな所です。

「住めば都」といいますが、

土地を決めるまではなかなか踏み切れないですが

今までのお施主様からも

「もっと他の土地にしたらよかった」と言う言葉は聞いたことがありません。

土地は結婚と同じで縁を感じるようです。

 

たくさん見て回る事。

相場観を持つこと。

土地を決めるためにはそれが一番だと思います。

そうして「縁」のある土地に

巡り合うと思います。

 

ハウス・ブリッジ tani

 

【安心して進めるために必要な家計ドック】 2014年3月10日

今日はライフコンパス団野さんの家計ドックでした。

家を買うと決める時、

何を基準に金額を決めるのでしょう?

だいたいは今賃貸で支払をしている金額内で・・・

と思う方が多いようです。

でも、今の状態のままずっと行くわけではなく

子供の年齢によって、自分の年齢によって

その時かかる生活費は違います。

IMG_9418

それに、お金は現金だけでなく、

社会保険や、貯金や株、生命保険

色々な形で貯えているので

使う時期に合わせてそのバランスを考える必要があります。

 

IMG_9420

今日は保険の話を詳しくしてもらいました。

保険は年払いで考えるのが基本です。

もしもを考えて多くかける方が多いですが、

医療保険などはその方の希望によっても違います。

一生涯必要・個室に入りたい・先進医療は必要など、

今は、「高額療養費」があるので、

通常の入院などで、思った以上にかからない事がほとんどです。

貯めるか?守るか?

総額で考える事が必要との事で、

お施主様も色々な事が参考になったようです。

 

知らない事で思った以上に無駄にしているものです。

「家計ドック」=家計の人間ドックを受けて

考え方や生き方を整理することで

その方に必要なお金の配分が見えてきます。

家づくりを考える前に

妥当な金額を出すことが大切です。

わかると安心できるし

先が見える事で今自分が決めることが

はっきりします。

 

ハウス・ブリッジ tani

 

【比較して自分に合った住宅ローンを選ぶ】 2014年4月6日

今日は土地の本申込みに

駅前の三井住友西宮北口に来ました。

IMG_9794

 

 

本申込みは借りる銀行だけに出すと

思っている方が多いですが、

そんな事はありません。

お施主様もいくつか通しています。

 

 

もちろん、事前審査を通して

借りれるかどうか?確認してからになりますが

事前審査だけ条件は確定しません。

 

今は事前審査が重視されているのであまりないとは思いますが、

事前が通っていても、本申込みに承認が降りない事もあるからです。

その銀行でどんな条件で貸してくれるか?

審査書類を各金融機関に出す手間はありますが

大きな金額を借りる大事なローンです。

金利はもちろんですが、その他の条件や借り方返し方など

銀行の担当者も即答できないくらい

融資はその銀行、商品によって本当にいろいろあって

本当にややこしいんです。

 

本申込みを出して条件を比較して

その方にとって良い条件の銀行で

借りるようにします。

 

ハウス・ブリッジ tani

 

【ヒアリングで先生方と初めて会います。】 2014年4月27日

IMG_9956

気持ち良い天気でした。

今日は、お施主様も待っていた

設計コンペヒアリングです。

 

 

 

 

 

建築家ネットワークナビのHPや

先生方のHPで見てはいても

自分が選んだ建築家に会うのは今日が初めて

実際、どんな方々なのか、お施主様が一番ドキドキしていると思います。

IMG_9968

 

直接会って話をする。

要望を言葉で伝える。

リアルコンペはお互いを知るために

とても大事なことです。

要望は矛盾しているものです。

ご夫婦やご家族の中で違う事もありますし

どなたが、何をするのか?

家庭によって違います。

家事などする時間、やり方などは

好き嫌いや好みもあり、気にならない事ととても苦痛な事など

聞くことで場所や配置も変わります。

文字というのはニュアンスが伝わりにくいものです。

こうして会って

資料を元に質疑をする事によって

書いてある事柄の本当の意味がわかってきますし、

質疑の中でお施主様の人柄や好みを感じてもらえます。

IMG_9962

 

これは、ダイニングの上の照明。

お施主様が見つけたもので

照明がそのまま換気扇になってる物なんです。

きれい好きのお施主様は

部屋に煙がまわるのを気になります。

 

 

その方によって

こだわりはいろいろ。

それも、どうして?を聞く事で、

そのものが問題なのか?それ以外の事で解決できるのか?

など、何をどう考えてお施主様の住みやすいプランを考えて下さるか

先生方の考え方や提案によって変わってきます。

 

同じ条件で同じ時間を共有して

出てくるプレゼンテーションのプラン。

楽しみです。

 

ハウス・ブリッジ tani

 

【宝塚市逆瀬台の家 プレゼンテーション!!ヽ(*^ ^*)ノ】 2014年5月11日

いよいよ待ち待ったプレゼンテーション!

家escort大阪店にてスタート。

最初はオオタ デザインオフィス

太田さんです。

otaota

タイトル「ランドスケープの家」

2台の駐車場を分ける為にすこしふった配置の家は

2Fの家事導線を特にこだわったプラン。

2人目は櫻井建築事務所

櫻井さん!

sakuraisakurai

タイトルは「KOU」

この土地に関わる色々な意味の「こう」を意味するタイトル

水盤のあるテラス、旦那様の書斎もあります。

ルーバーをポイントにつかった1Fリビングのプラン。

3番目

馬場龍+設計事務所GA-PLAN

馬場さんご夫婦でのプレゼンです。

baba

baba

タイトルは「happy box」

設計のプロセスを丁寧に説明頂き、このプランに至る

様々な内容、奥様が動きやすく、ご家族の関係性を重視した

子供部屋の位置がポイントの2Fリビングのプラン

4番目 N+Architects

西さん!

nisinisi

タイトルは「core」 ココロの拠り所

玄関に特徴があり2Fの廊下の一部が格子状になり

その玄関に光が落ち、目線が庭に抜けるプラン

2Fに目いっぱいのリビングを取って頂いていました。

最後は谷ノ口義弘 設計スタジオ

谷ノ口さん。

taninoguchitaninoguchi

タイトルは「SORAとくらすいえ」

ゾーニングと材料を詳しく説明からスタート

光と風のスリットを南面に設け玄関を広くとったプラン

外につながる空間にポイントを置き

草屋根にもできるベランダのおまけつき。(^^)

 

もちろん、毎回本当に素晴らしいプランばかりなのですが

施主様も集中して漏らさず聞いて下さり

5つの渾身のプランには驚いておられました。

 

ヒアリングでの要望をそれぞれプランに生かして頂き

重視するポイントはそれぞれ違う5つのプランニングでした。

眺望もよい土地なので見せる窓は以外と建築家によって違い

それもおもしろいと思いました。

本当に素敵なプランニングありがとうございました。

少しお待ちください。(*v_v)”

 

施主様!

お返事お待ちしております。

(v_v*)

ハウス・ブリッジ tani

 

【設計監理契約はこんな風にします。】 2014年5月24日

プレゼンテーションの結果、

オオタ デザインオフィス 太田さんに決まりました。

IMG_0243

 

今日はその

「設計監理契約」の日、

そして、一度目の設計の打合せの日です。

 

最初だけですが、

お施主様も先生もちょっと緊張してます。(^^)

 

設計の契約は、設計コンペの時に提示した

広さ、金額で結びます。

そして建築家ネットワークナビでは

各事務所によって設計監理の内容も多少違うので

どこまで何をするか?も

契約書につけて説明してもらっています。

 

今は一級建築士である免許の提示や

重要事項説明書という別の覚書きも必要で

設計監理契約の前に必ず提示して

内容を確認してから「設計監理契約」を結びます。

 

途中でプランが変わり、

広さが必要になった場合、設計費用は少し増額になり

使う材料や設備の見直しをして調整しますし

逆に設備に費用をかけたい場合は広さを調整して

設計料を減額する事もあります。

総額は決まっているので

全体的に見て予算に合うよう調整をしなが進めます。

IMG_0245

 

契約も無事終わり

プランの打合せです。

まずはプレゼンの時のプランを元に

お施主様の要望を聞いていきます。

 

 

プレゼンテーションの時のプランのまま

建てるわけではありません。

プランの考え方は気に入って選んだプランでも

そこから打合せを重ねて

本当に住みやすいプランにしていきます。

ここから3か月ほどは設計の打合せをしていきます。

 

太田先生

改めて、宜しくお願い致します。  <(_ _)>

 

ハウス・ブリッジ tani

 

【ショールームでまず確認。】 2014年6月14日

IMG_0427

 

グランフロントのサンワカンパニーに来ました。

基本設計も並行して進めていますが、

まずは予算の見通しを出したいからです。

プランの中で考えている設備を

実際見て確認してもらいます。

 

 

IMG_0424

 

これはレンジフード。

なんだかサイコロみたいでカワイイです。

 

 

IMG_0429

 

バケツ?

のような洗面ボール

(^^) 設備はお家のアクセサリーみたいで

見てるだけでテンション上がります。

 

 

IMG_0422

 

一通り見たところで、

ショールームで打合せ。

まだ初めての事で、

奥様はいまいち実感が湧いていないよう。

大丈夫です。

予算を出すために選んだ設備を確認したところ。

まだ、変更はできますよ。(^^)

要望が形になり設備などを選ぶ時、

その他の配置や使う時の事を考えて

・旦那様と奥様とで背が違うのにキッチンは2人でよく使う。

・レンジフードの形は好みがあるけど、場所によって付かない物もある。

など、どちらかを選択するような事がよくあります。

自分は本当にどちらが大事なのか?

そういう、整理をしながら

本当に自分に合う物を選択していきます。

 

足を運んで見る事は実際の大きさや長さ、高さを体感する事。

本当に使いやすい物を選んでいくのに

何度か必要な事です。

 

by tani

 

【信頼できる工務店さんに概算見積り依頼。】 2014年7月2日

先日ショールームで確認した設備を入れて

本日、概算の見積りを依頼します。

IMG_0513

工務店さんは3社。

まずは、創建さん

いつもお世話になっています。

 

IMG_0515

基本設計の図面は

詳細図面ほど枚数はありませんが

必要な設備を入れて、ある程度建築家さんにお任せして進めます。

あくまで概算とは言え

一式見積りではありません。

IMG_0516

 

2社目は

じょぶさん

お世話になります。

いつも丁寧な施工ありがとうございます。

 

IMG_0519

 

最後は田浦建設さん

この3社は建築家さんの見積りを良くお願いします。

図面の見方によって積算の金額は変わってきますが

信頼できる工務店さんばかりです。

 

概算と言えども

建築家さんが書いた図面を見て

色々な設備や材料を各下請けさんに依頼して

見積りを作る作業は本当に手間のかかる大変な作業です。

3週間ほど期間を取って依頼します。

 

お施主様が立ち会う事がないところですが

先生は各工務店さんに

ひとつづつ見積りを取る時の必要事項を

それぞれに説明して公平な見積りを依頼をして下さっているんですよ。

 

工務店さんも

いつもありがとうございます。

宜しくお願い致します。

 

<(_ _)> by tani

 

【概算を取る事で設計打合せの方向が決まります。】 2014年8月4日

設計監理契約をしてから

毎週のように打合せ、ショールームでの確認をして

概算見積り依頼してから

初めての打合せ。

IMG_0778

消費税の事はもちろんですが、

このところ、材料や人件費が上がっていて

3社とも予算より少しオーバーして見積りが上がってきました。

全体を比較したうえで変更は少し必要です。

 

概算はあくまである程度の予算も取って出されてくるので

少し高めになります。

これから詳細図面を書く上で

より詳しくお施主様の要望を聞いて

打合せしていくのですが、

今まで出ていなかった要望が必ず、色々出てくるので

まだ図面で示されていない部分も含め

費用が上がる事を見越しているのです。

 

その見方が図面を見て

見積りを作る人の方向性

もちろん、仕入れの金額などによって

金額が違ってでてきます。

 

工務店さんも、概算見積もりを出すには

本見積りの時に高くなっていたという事がないよう

概算はわからない部分があるため少し高めに出てきてしまいます。

 

だいたい、

お客様の要望が上がる事と工務店さんが高めに見ている部分

が同じくらいと考えて概算の金額を参考に

今後の打合せも進めて行けるという事です。

 

だから、予算で納めるために

概算見積もりは早めに取る事が必要です。

予算を何に使うかお施主様にも取捨選択してもらう

協力も必要になります。

 

by tani

 

【解体の前にご近所の方にご挨拶。】 2014年8月27日

IMG_0875

 

 

気持ちの良い晴天の日

解体をしてもらう業者さんと一緒に

現地を見に来ました。

 

 

 

この土地には古家が付いていました。

それもコンクリート造(RC造)の建物です。

RC造の建物は基礎が大きく

解体には木造の倍ほどの費用がかかる事があります。

先生も気にしていましたが、

今回はとても良い業者さんに恵まれたので

予算の中で解体ができそうです。

IMG_0878

 

今日はお施主様と建築家さんも立ち会ってもらいました。

どこまでどのように解体するか?

その後の建物にも影響があるので

確認することで、その後の建築のムダもなくなります。

施主様に立ち会ったもらったのは

ご近所のあいさつ回りがあるからです。

 

解体するときは

ご近所には迷惑がかかります。

あいさつ回りは解体業者さんがするのですが、その時に

お施主様に一緒に回ってもらう事で

ご近所の方の対応も違います。

お施主様は大変ですが、

今後住むまわりの方々に早目にご挨拶頂く事で

ご近所の方も安心して下さると思います。

宜しくお願い致します。

 

by tani

 

【建築確認申請、本見積り、宜しくお願い致します。】 2014年9月11日

全ての図面ができました。

さあ、本見積り!

概算をお願いした3社に再度おいで頂き

依頼しました。

IMG_1035  IMG_1038 IMG_1040

概算の時の金額を考慮して

・質を下げずに減額するVE案

・必要かどうかを再度確認

・お施主様の優先順位をお聞きして選択

など、プラン変更も含めて調整しました。

予算もこれからかかる諸経費

家具・家電・カーテン・登記費用・融資手数料など

その他の費用も考慮して予算額を改めてチェック。

 

工務店さんも毎回

それぞれの下請けさんに交渉などしてくれて

頑張ってくださいます。

 

建築家さんにはその間に

建築確認申請を平行して進めてもらいます。

宜しくお願い致します。

 

(;^_^A  by tani

 

【一口に解体と言っても。】 2014年9月20日

解体が済みました。

建築家 オオタデザインオフィス 太田さんが立ち会って

解体業者さんに説明頂いたので

要望通りに無駄のない解体作業して頂き

すっかりきれいな更地になっていました。

IMG_1078

 

 

石垣があり半分が道に接道し

半分は少し高くなった区画のきれいな住宅地

解体後にお客様と一緒に

立ち会って確認しました。

 

 

土をすき取ったり、足したりすることに

意外と費用がかかります。

 

建物はどのあたりに建つか?

駐車場はどこにどの方向に作るか?

これから建てる図面を元に

どのあたりまでどのように塀を崩してもらうか

土はどのくらい残してどの程度撤去してもらうか?

この指示が出してもらえるかどうかで

後の作業も変わってきます。

 

建築家さんが自分の方に付いて下さっていると

本当に安心です。

IMG_1077

 

 

 

ねっ!

ハウス・ブリッジ tani

 

 

 

 

【工務店さんに打合せに加わってもらいお施主とチェック!】 2014年10月30日

最終見積りが上がり

工務店さんは田浦建設さんに決まりました。

見積りして頂きました他の工務店さん!

本当にありがとうございました。

(*v_v)”

 

今日は打合せに入って頂き

設備の確認も含めて、見積り依頼した結果出てきた金額と

細かい内容の確認を施主様と一緒にしてもらいました。

IMG_1247

建築家さんを介して工務店さんに確認していた内容ですが

実際、その工務店さんによって、

材料の発注や仕入れ、納期、なども違うので

確認してもいながら、いつまでに発注しないといけないのか、

変更した場合金額の増減など

打合せに加わってもらい確認して進めます。

 

建ててもらう工務店さんに

会って頂くのはお施主様も安心だと思います。

工務店さん、

「宜しくお願い致します。」 (^^)

 

by tani

 

【勢いのある笹と快晴の大安。-地鎮祭-】 2014年11月19日

IMG_1401

 

本当にみずみずしい

きれいな笹が印象的でした。

 

 

 

 

IMG_1406

 

 

今日は地鎮祭です。

その前に、現場で建築家さん立ち合いの元

施工契約を交わしました。

 

 

気持ちも新たに地鎮の義が始まります。

IMG_1417

 

神主さんは真っ白な衣でした。

御式が始まると

りんとした気持ちになります。

 

 

工事の着工にあたり、神職をお招きして

神様にお供え物をし、祝詞をあげ、

お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

IMG_1419

 

土地の四方を工務店さんと共に

清めていきます。

 

IMG_1422

 

土地の上に、小さく白く四角い半紙

切り幣(ぬさ)が土地を清めます。

 

 

 

そして切り幣(ぬさ)は、式場の中の盛砂にもまかれ

その、土地に見立てた盛砂の山を

建築家が草を刈り → お施主様がクワで耕し → 神主さんが鎮め物を納め → 工務店さんが土をならします。

IMG_1425 IMG_1426 IMG_1427IMG_1429

そして、玉串をお供えし、それぞれが

土地の神様にご挨拶。

この工事の無事を祈ります。

IMG_1431

IMG_1433

 

 

お子様はパパと一緒にお供え。

 

 

 

 

 

お天気も素晴らしく

清々しい地鎮祭でした。

 

(*v_v)” by tani

 

【基礎の打設確認と打ち合わせです。】 2014年12月13日

IMG_1856

 

 

 

雲一つない気持ちの良い日

宝塚市、逆瀬台の家の現場打ち合わせです。

 

 

 

IMG_1859

 

基礎は一回目の打設が済んだところ。

防湿シートを敷いて

型枠を組むところです。

 

いわゆる「基礎」はこの上に木製の型枠を組んで、

その中に各部屋の基礎部分の基礎をコンクリートを流していくのです。

IMG_1879

 

今、基礎屋の職人さんが

基礎に合わせて型枠の寸法をとって

作っているところです。

2人の職人さんが、手際良く

型枠を組んでいく様子を見入ってしまいました。

 

 

IMG_1861

 

お施主様と現場で

進捗の確認をしながら

説明をする

オオタデザインオフィス

太田さん

 

 

IMG_1882

 

そのあと、

工務店である田浦建設の現場監督さんと

打ち合わせです。

現場を見ながら

確認と指示をしていきます。

 

(*^^)v by tani

 

【雪の現場からコンビニで快適な打ち合わせ。】 2015年1月12日

年明けの打ち合わせ。

昨年、組んでいた型枠にコンクリートを流し込んで

基礎が出来上がっていました。

同じところから画像を撮ったので

変わった様子がよくわかります。

IMG_2106

無題

 

現場では

基礎が出来たところで

図面で説明をしてくれています。

「ここの部分がここですね。」

「なるほど~」

みたいな・・・

 

ここから、雪が!!!

結構なぼたん雪だったので

近くのコンビニに移動~

無題

 

なかなか快適な打ち合わせ場所です。

(^_-)-☆

 

 

そろそろ外壁を決めるところでず。

材料の種類もですが、

パターンといって塗り方の模様や

色も様々。

近かいはパターンを ”小粒ロック” にしました。

ロックな感じです。

色は次回、サンプルを取って決める予定。

暖かいコンビニでコンビニコーヒー。

コンビニさんお邪魔しました。

by tani

 

【施主の希望と建築家のプランを生かす】 2015年1月31日

本日は仕様の打合せ。

外壁のサンプルです。

外壁を決めるのは難しいですよね。

2015-01-31 10.28.53

 

このサンプルだけでは大きな外観のイメージはわきにくく

また、近くで素材や色を見ても

大きな塊になった時。

どんな感じになるのか

イメージできる人はなかなか少ないと思います。

 

 

そこは建築家!

ちゃんとお施主様の好みをわかって

そのイメージを壊さず、全体的なコストも考えて

提案してくれています。

このサンプルも、オオタ デザインオフィス 太田さんが

選んでくれています。

2015-01-31 10.28.55

これはハンドル。

ハンドルもドアの素材や形状に合わせて

どんなものが付くかで

まったくドアの表情がかわります。

 

建築家の先生方の中にも

いろんなタイプの方がおられます。

積極的にコストダウンに協力して下さる方もいますが

全体的な雰囲気を壊さずに

材料だけでコストを下げていくのは難しいですし

大事!と思う部分が施主と先生では

違うところもあります。

2015-01-31 11.33.20

 

赤ちゃんだったお施主様の

お子さんも

大きくなりました。(^^)

お絵かきして

打合せに参加です。

 

 

実際、建ててから見たら

お施主様もわかる部分でも

図面の中で理解しにくいです。

正確ないイメージを理解できているのは建築家ですが、

それを説明する事や、必要かどうか確認する事は

また、難しい。

 

コストとイメージとを考えながら

お客様の要望と建築家のプランを生かす

これはなかなかの作業です。

 

手前味噌ではありますが

そこはプロデュースが入っていることで

お互いの大事な部分を生かしながら

収めていく事が出来ると思います。

 

もっと建築家との素晴らしいプランで

自分の家を建てる方が増えるよう

サポートしていきたいです。

 

ハウス・ブリッジ tani

 

【やっぱり上棟式はしたいですね。】 2015年2月1日

快晴の日。今日は建てかたです。

そう、『上棟』です。

CIMG6781

最近、上棟式をする方は少なりようですが

当社がかかわる物件のほとんどは

上棟式をします。

CIMG6782

ただ,工程と日程、休みの関係で

上棟の当日、上棟式をすることは

本当に少ないです。

工務店さんの工程を邪魔する事なく

スムーズに進めてもらい、

お施主様の都合とお休みがあった日に

あとから式だけを工務店さん、ずっと関わる大工さんとする

という感じです。

CIMG6783

でも、上棟は建てかた専門の大工さんも大勢来るので

にぎやかな現場になります。

休みが合うようなら是非見て頂きたい様子です。

 

上棟式をすると

大工さんとのコミュニケーションもできて

依頼主が見える事で、お互い繫がる感じがします。

 

施主様のおうちを

宜しくお願い致します!!

 

(*′ノO`)  by tani

 

【そこ、ここに、建築家ならではのテクニック!】 2015年3月21日

宝塚の現場打合せです。

陽気も暖かくなってきました。(^^)

IMG_2539

先週、先々週とイベント、完成見学会で

現場に来るのは久しぶりだったので

ずいぶん進んでいました。

施主様お久しぶりです!

IMG_2527

2階のリビング!!

広~い ヽ(*^ ^*)ノ

連なる窓の雰囲気や各部屋との配置など

図面では見ていたものの、実感するのとやはり違います。

IMG_2531

 

 

オオタ デザインオフィス

太田さんとお施主様。

歓談~♪

 

 

 

今日は、内装の打合せ。

壁紙とロールアップやバーチカルカーテンの

色合わせ決定しました。

IMG_2535

 

ここ、なんだかわかりますあk?

天窓なんですが、

1つの天窓が2つの部屋をまたいで

振分けになっているんです。

コストダウンもあるのですが、

いい感じでした。

工務店さん、壁t紙貼るの大変そう・・・

(;^_^A  お願い致します。

IMG_2542 IMG_2553

施主様との打合せの後は

工務店さんの現場監督さんと打合せです。

1階和室にある小さな床の間。

その奥に赤い壁紙でポイント!

本当にできるのが楽しみです。

 

ヽ(*^ ^*)ノ by tani

 

【素材の打合せ、もうすぐ完成です。】 2015年4月4日

つ予定通りの工程で進んでいます。

今日は現場打合せ。
決まっていない色や材料を決定しないといけません。

リビングの横にあるテーブルが付いていました!(^^)

img_2812

キッチンの横にパントリーがあるのですが
そのパントリーからすぐに出れる洗濯物干場。
そのベランダの屋根の素材チェックです。

色は透明素材の茶色のモノに決定。
暗くならず、汚くならず、
外壁の色とも合っているので
イイ感じです。

img_2822

そして、玄関のタイル。

タイルって難しいです。
質感や大きさなどもありすぎるほとありますし
使う場所によってテクスチャーも気になります。
玄関は雨の日にすべってもいけないし
汚れるので色も気になります。

それ以上に、周りの色やイメージと合うモノ!
そのあたりは建築家さんが入っていると本当に心強い!

img_2827

条件をクリアし、お客様の好みもわかっているので
絶妙な選択をしてくれます。
いくつかに絞って提案してくれて
あとは、確認するだけ!
流石です。

今日はキッチンのあたりのイメージができていたので
画像を撮って
何をどうしまうかなど確認。

img_2837

建築家さんにとっても
お客様にとっても
完成は嬉しい反面、さびしいものです。

もうすぐ完成ですね。

by tani

 

【いよいよ大詰め!外構の打合せ。】 2015年4月19日

内装はほとんど出来上がり、

キッチンも据え付けられました。

img_3144

天板は白の人造大理石、
ステンレスの方もいますが、
最近は人造大理石にする方が多いですね。

色や風合いも色々ありますので
面材とも合わせやすく
好みのキッチンになりやすいからかもしれません。

施主様は建築家さんのおすすめもあり
他の素材を邪魔しないよう
清潔感のある白で
天板も面材も選ばれていました。

キッチンに立ってみたリビングの景色です。

img_3147

横並びにサッシが続き、
景色も綺麗ですが
室内の明るさもしっかり取れて
1階から上がってこのリビングに入ると
カフェのようなオシャレな空間です。

玄関のイメージを確認しつつ
外構の最終チェックをしました。

img_3138

敷地も広く車を振り分けで
3台ほど止める事が出来るよう
上手に設計して下さっているので
来客があっても助かると思います。

by tani

 

【金消契約が終わったらお引き渡し。】 2015年5月10日

注文住宅を
フラット35で組む場合、
土地と建物は別々に組めないので

土地の時は「つなぎ」と言う手続をして
一旦別のローン借ります。

そして、建物も「分割実行」と言って
3回ほどに分けて支払うことになるので
建物契約時と中間の際にも
「つなぎ」を使います。

今日はその「つなぎ」が終わって
完成時に支払うための
最終支払のための金消契約です。

img_3432

最後の支払いは
本来のフラット35の融資になります。

今までの「つなぎ」から
全部の金額でつなぎかえる感じです。

つなぎを使う場合、
途中で借りる金額分、期間分、
先に金利分だけを支払う形になり
フラット35になってから
本来の住宅ローンがスタートします。

img_3434

ちょっと手続きは面倒ですが
注文住宅の場合
どうしても土地を先に決済し
建物の費用も分けて払わないといけないので
この形になりますが、
「つなぎ」を使う事で
注文住宅でも住宅ローが
ちゃんと使えるようになります。

フラット35は審査や基準などもあり
その審査が降りないと
ローンも借りれないので
そう考えると安心と考える事もできます。

施主様はフラット35の契約し
最終支払いが終わって引き渡し。
引渡ししてもらうまでは
施工会社の建物なので
今日から晴れて
名実ともに施主様のお宅になります。

by tani

 

【完成見学会で感じる空間のちがい】 2015年5月17日

とうとう完成しました!

白と茶のコントラストの綺麗な外観、
2階のリビング部分の連装窓が印象的な
見るからに
「ちょっと違う」家です。

img_3471

2階のリビングには
オーダーメイドのダイニングテーブル。

その高さと合わせて
キッチンの細い棚に続く
家族で使うサイドデスク。

下部は棚になっています。
高さを合わせる事でスッキリし
全体の空間が統一されています。

img_3484

ここは玄関の窓、

柱を上手に取り込んだデザインで
窓の形に合わせて空間を作っています。

img_3501

お子様を連れた御家族の案内をする

img_3468

オオタデザインオフィスの太田先生。
連装窓のサッシ枠を隠し
たて型ブラインドの使わない時に隠せるスペースがある部分を
説明しています。

ちょっとした所に手間をかけて作る事で
日常が使いやすく
空間が広く見えます。

建築家さんと作った家は
入った時の空間のつくりが全く違います。
間取り図ではわからない
空間の違いを感じる事ができるのは完成見学会ならでは。

もし、建築家の家を見る機会があったら
その空間を体感して見て下さい。
何が違うのか
どうして違うように感じるのか?

見学会は本当に一見の価値があります。

by tani

 

【引渡しは色々な事を感じます。】 2015年5月17日

外観にインパクトのある施主邸、
今日はとうとう引渡の日です。

img_3559

完成引渡しは嬉しい日なのですが
資金計画、土地さがしからずっとご一緒したお客様と
会わなくなる日でもあるので
いつも少し寂しい気持ちです。

img_3577

それは建築家も施工会社も一緒だと思います。
特に施主邸は、建築家の太田さんの事務所とも近く
毎日のように現場に来て頂いていましたし
工務店さんも回りのお家からの評判もよく
建築家からも施主からも本当に信頼されていたので
やりがいも感じて下さっていたようです。

同じ「家をつくる」という作業ですが、
しっかり期間をとって信頼されてやる気で作るのと
期日に追われ仕事としてとにかく作るだけの場合とでは
出来上がる家も違うのは当然です。

img_3572

設備などの使い方を一通り説明を受け
外回り、室内1つづつ確認頂き、
施主に引渡し書類にサインしてもらい、
無事引渡が終わりました。

img_3566

これは階段に飾られた絵。
この家の建築家であるオオタデザインオフィスの太田さんが
お引き渡しのお祝いに
施主へのプレゼントです。

一緒に長い期間の設計し
素敵な家ができましたね。
ご縁に感謝致します。

今度お会いするのは6カ月点検です。

by tani

 

【家づくりインタビューにお邪魔しました。】 2015年11月1日

今日はインタビューをするために
今年竣工したお客様のお宅に
インタビュアーとカメラマンとでお邪魔しました。

IMG_20151031_144037

お引き渡しの時から、半年弱、
家具も入って生活が始まっていました。

土地柄にも少し慣れたとの事。
少し見ない間にお子さんが大きくなっていて
いつも驚きます。

土地探しから始めた家づくり、
その時の事から、家づくりしていく過程で
色々思われた事を改めて聞きました。

by tani

 

【宝塚市逆瀬台の物件 6カ月点検】 2015年12月12日

もうすぐクリスマス、
6カ月点検に伺いました。

img_9068

まずは最初のメンテナンスチェックです。
6カ月なので、大きなメンテナンスはないとは思いますが
四季のある中で木の収縮や
建具(扉など)の調整などは必要になりますので
6カ月住んだくらいで一度伺って
住み具合や調整箇所を建築家さんと工務店さんと一緒に
3社で伺っています。

img_9070

チェックとはいえ、お客様によって
すごく気になる方とさほど気にならない方
場所によっても違いますし
そのあたりを聞いて再確認します。

img_9072

土地さがしからご一緒しているご家族なので
お子さんの成長はいつも驚くのですが
赤ちゃんだったお子さんも
もう、こんな事が出来るくらい
大きくなっている事に感動します。
身内の子供の成長を見るような感じなんです。

img_9094

お引き渡しの時には何もなかった室内に
家具や荷物が運ばれて
室内が落ち着いた感じです。

こうして上手に素敵に飾っているところを見ると
建物が家族に愛されている感じがして
嬉しい気持ちになります。

by tani

 

【1年点検には会える事が楽しみ】 2016年5月29日

気持ちよく晴れた5月
今日は1年点検に久しぶりに施主邸に向かっています。

設計中、建築中に通い慣れた道も
懐かしく、アッという間の1年だと
思い向かいました。

img_0114

もちろん、まだ一年と言う事もあって
建てた時のまま住宅地の中のモダンな外観の家は
そのままです。

まずは外回りをチェック。
引渡しの時にはなかった花壇や野菜の芽が出ていて
庭が作られていました。(^^)

img_0118

今の所は気になるような事もなく
とても綺麗でした。

室内に関しても
家具や荷物が入った事で
「住まい」という雰囲気が
より良い空間になっていました。

人がいて、物はあって家なんだと思います。
スッキリ整理されて何もない空間は何か味気なく、
さびしい感じがするものです。

1階にある和室にある小さな床の間にも
奥様が探したという
個性的な置物がある事で
グッと雰囲気良い和室になっていました。

こういう、小物や置物は
とても効果があるものだな~と
改めて思いました。

img_0111

今日は建築家のオオタデザインオフィス太田さんも
御家族で来ていました。
と言うもの、施主邸のお子様と同年代で
建築中から交流があったからです。

点検中も一緒に遊んでいたので
スムーズにできました。

今のところ、特に気になる事もなく
とても快適に暮らされているとの事。
久しぶりに明るい素敵なご家族に再会できて
嬉しかったです。

(≧∇≦) by tani